プリント基板の設計から実装まで

プリント基板の基礎知識

プリント基板ができるまで

プリント基板ができるまで プリント基板ができるまでの工程をみていくとまずは資材の調達からはじまり、次に調達してきた基材を指定の大きさに切断する作業を行っていきます。
切断の際にはカッターの他にシャーリング刃などの専用の切断機を使用します。
穴開け加工については、超硬ドリルを使用してその後に研磨して仕上げていきます。銅メッキ処理をした後に表面研磨を行い、穴埋め処理をします。銅メッキの作業はプリント配線板の信頼性を大きく左右することになるため非常に重要です。
それから、ラミネートと呼ばれる適正な温度まで温めた基板に感光材フィルムを貼り合わせる作業を行います。ラミネートをした後に感光材を基板に焼き付けてから現像します。
現像時には、無水炭酸ナトリウムなどのアルカリ性の水溶液を使用します。
必要に応じて修正を施し合格ラインに到達したら、エッヂングと呼ばれる基盤に回路を写してから不要な部分を除去するという作業を行います。エッチングの際には塩化第二銅液などの酸化性の水溶液を使用します。
現像の際に付着した感光剤をアルカリ性の水溶液で剥離する作業を行ったら、最後に表面処理を行ってプリント基板の完成となります。

プリント基板の機能と役割

プリント基板の機能と役割 プリント基板とは、プリント配線板とプリント回路版のことを言います。
電気を通すことのない基板の上や、その内部に電気を通す配線を通した板はプリント配線板、電子的な部品が取り付けられることで、回路として動作するプリント配線板をプリント回路版といいます。
プリント基板は電子回路を作るうえで、必要不可欠となっています。
機能としては、電気的な部品同士を電気的に接続することや、逆に接続してはいけない所を接続させないこと、電子部品を固定して配置させることがあげられます。
役割としては、電気的な信号伝送と電力伝送の2つがあげられます。簡単に言うと、命令や指令を出すことと、そのための電力をつたせることが出来るのです。
現在でもほとんどの電子機器の中にこのプリント基板は使用されています。一つ作るとコピーを大量に簡単に作ることが出来るため、大量生産の商品に向いているのも、広く使用される理由の一つです。
時代とともに小型化されていく電子機器に対してはプリント基板の多様化や高密度化、高速化というように機能と役割をそのままに、性能の進化が求められています。

新着情報

◎2018/6/5

基板の自作はキット品で練習
の情報を更新しました。

◎2018/3/5

「プリント基板」の市場シェア
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

中国の基板製造について
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「プリント 機能」
に関連するツイート
Twitter

RT @MoonIsland372: 昨年12月にSTMicroが買収して無料で使えるようになったらしいTrueSTUDIOのシリアルワイヤービュー(SWV)機能SHUGEEEEEE(゜ロ゜) 外付けUART無しにデバッグプリントできるのはもちろんですが、デバッガーで指定した…

Twitterまろまろ先輩@モルゲッソヨ@marosuke2600_a

返信 リツイート 43分前

わかった。メニューの「ピン数でフットプリントを絞り込み」っていう機能をオンにするとめっちゃ重くなる。これは絶対にオフにしないと…昔はこれをオンにしてても全く問題なかったのになんでこんなことに…😭

重伸:サギプリとか言う機能があって面白そうやからってやった事があんねん。あきらが一番ノリノリやったんやけど、機械があきらの認識に困ったのか、かわりに鼻の穴を大きくしてプリントされたことがあったわ。

Twitterオーラルコピペbot@oral_copy

返信 リツイート 13:47

RT @MoonIsland372: 昨年12月にSTMicroが買収して無料で使えるようになったらしいTrueSTUDIOのシリアルワイヤービュー(SWV)機能SHUGEEEEEE(゜ロ゜) 外付けUART無しにデバッグプリントできるのはもちろんですが、デバッガーで指定した…

RT @MoonIsland372: 昨年12月にSTMicroが買収して無料で使えるようになったらしいTrueSTUDIOのシリアルワイヤービュー(SWV)機能SHUGEEEEEE(゜ロ゜) 外付けUART無しにデバッグプリントできるのはもちろんですが、デバッガーで指定した…

Twitterちえみ✧ (*゚▽゚* っ)З@yukaritz_

返信 リツイート 12:27

RT @MoonIsland372: 昨年12月にSTMicroが買収して無料で使えるようになったらしいTrueSTUDIOのシリアルワイヤービュー(SWV)機能SHUGEEEEEE(゜ロ゜) 外付けUART無しにデバッグプリントできるのはもちろんですが、デバッガーで指定した…

RT @MoonIsland372: 昨年12月にSTMicroが買収して無料で使えるようになったらしいTrueSTUDIOのシリアルワイヤービュー(SWV)機能SHUGEEEEEE(゜ロ゜) 外付けUART無しにデバッグプリントできるのはもちろんですが、デバッガーで指定した…

RT @MoonIsland372: 昨年12月にSTMicroが買収して無料で使えるようになったらしいTrueSTUDIOのシリアルワイヤービュー(SWV)機能SHUGEEEEEE(゜ロ゜) 外付けUART無しにデバッグプリントできるのはもちろんですが、デバッガーで指定した…

...試すという実験を行なった。 彼らが驚いたのは、そのトラックの軽さだった。通常のトラックより45パーセントも軽く、強度も驚くほど高かった。これまでは部品の損傷が激しかった4メートルのレッジからのジャンプにも耐えられる。 実際にプリントされた部品はハンガー部分のみだが、トラックの中では、ベースプレートとキングピンとアクスルをつなぐ、もっとも大きな部品だ。Sohiは、Fusion360に組み込まれている...

FacebookMake: Japan

9:37

岡本「サギプリとか言う機能があって面白そうだからって昔やった事がある。俺の友達でやたら目の細い奴がいて、機械が認識に困ったのかかわりに鼻の穴を大きくしてプリントされたことがあった」

Twitterへいせいじゃんぷコピペbot@JUMP_copipe

返信 リツイート 9:32